運営姿勢

波と風の広場。運営人はこんなふうに考えています

01)どんなサイトなのでしょうか

いろんな道が交差するところに広場はできます。広場は古来より自然発生的にでき、誰か特定個人のものという訳ではありません。双極性障害や周辺の疾患を持つ当事者のために、大らかで安心感のある広場があったらいいな、そんなふうに思った複数の当事者が集まって一緒に運営しているサイトが波と風の広場です。いろんな情報を集めてきたり、集まってきたりするサイト。人びとが思い思いに集う、そんな風通しのいい広場としてのコミュニティサイトを目指しています。

通り過ぎる人、しゃがんでいる人、情報を得ている人、急いでいる人、寝ている人、ウキウキしている人、どうにも調子の悪い人、ベンチで話している人、ぼんやりしている人、議論をしている人などなど、さまざまな当事者をわたしたちはイメージしています。運営側は、参加者のみなさんの共有の場を支える役割を担っています。しかしながら、当事者がくつろげる広場をつくるのは、みなさん、ひとりひとりだと考えています。ひとりの参加者でもある運営人も同様です。


02)あなたも、わたしも。共有できる広場に

双極性障害や周辺の疾患を持つ当事者を取り巻く状況もさまざまです。わたしたちにとって、生活全般が躁鬱の波や気分の変動と切り離せないものだと思います。その感覚は時に微妙で繊細です。あるいは大胆無敵な時もあるでしょう。当事者でなければ、なかなか分ちがたい症状や言動や悩みがあるのではないでしょうか。だからこそ、安心して共有できるということを、「波と風の広場」「ころんだカモメ」では大切にしています。わたしたちは、ひとりひとり違っているけど、何かとてもつながっている・・・。それが「躁鬱掲示板:ころんだカモメ」の書き込みを、当事者限定にした大きな理由です。近親者の方々は一歩引いて、読み手としてサイトにご参加いただければ幸いです。

03)実際に役に立つ、読みやすい、コンテンツを

本サイトのひとつ目の柱は「役立つ知識としてのコンテンツ」。 波と風の広場では、各々の書き手の個性を生かしながら、当事者の立場に立ち、分りやすく活用できるコンテンツ作りを目指しています。運営側のコンテンツは、本サイトのための書き下ろしのオリジナルであることが原則です。より良いコンテンツを構築するために、運営人が互いにサポートしたりチェックをして、コンテンツを仕上げるのも本サイトの特徴です。 治療や福祉や生活の面などで、知っていれば良かった、助けになるだろうと思える知識や情報やヒントを、運営側の複数の眼で探っていければと考えています。取り組んでいくコンテンツのテーマやアプローチは、運営人同志で協議しながら決めていきます。当事者に役立つクオリティの高いコンテンツ、オリジナリティが光るコンテンツを心がけています。広場に面して、コンテンツという建物が、あちこちに立っていると想像してみてもらえますか。良かったら興味のあるテーマの建物の窓から中を覗いてみてください。そして扉をノックしてみてください。これからもコンテンツという建物を、広場の回りに少しずつ増やしていこうと考えています。わたしたちのコンテンツ構築はゆるやかでありますが。

04)ふらりと立ち寄ってもらいたい、ころんだカモメ

本サイトのふたつ目の柱は、交流の場「躁鬱掲示板:ころんだカモメ」。コミュニティサイトとして、運営側が当事者同志の交流や対話の円滑化などをサポートして、参加者のみなさんと一緒に作り上げる広場にしていければと考えています。参加されるみなさんに、できるだけ公平性を保ちながら、書き手の体調に関しては柔軟な対応を心がけていきたいと思っています。どんな辛いことも症状の相談に特に制限はありません。ころんだカモメでは、相談や情報などの親記事に関して、広く意見を求めるのは妥当であるという見地から、マルポストは容認の立場を取っています。

ルール&マナーには本サイトの交流の方針が書かれています。誰もが気持ちよく参加できることを一義に考えて、書き込みの際は、掲示板のルール(基本事項と禁止事項)と掲示板のマナーをお守りください。運営人の掲示板対応が、個人的な主観や気分に左右されないためにも、共同運営制を取っています。運営人は、運営人記事の場合も個人記事の場合も、同様に★マークを記事枠内の左側につけて、本サイトの運営人であることが識別しやすいようにしています。運営に関する書き込みは運営人全員が共通の青文字を使用し、記事内に「運営人の○○です。」と明記します。「運営人一同」のハンドルの青文字の記事は、運営人の過半数が合意した決定事項で大切なお知らせです。よろしくお願いします。個人記事の場合は、それぞれ区別のために青文字以外の文字色で書き込みをします。運営人記事と個人記事は、文字色と運営人表記で明確に差別化しています。お間違えのないようにお願いします。(掲示板のルール:基本事項07)より)


05)大切にしていることは、信頼関係を育むことと、個人を尊重することの二つです

まず、「信頼関係」を大切なキーワードとしています。参加者のみなさん同志、参加者のみなさんと運営側のわたしたち、そして運営人同志も。そのためにも、大前提として、自他の匿名性を確保することを大切にしています。具体的に言うと、まっ先にあげられるのが、本サイトの姿勢が反映されいるルールを必ず守っていただくこと。特にプライバシーの尊重が挙げられます。掲示板内外では自他の個人情報を守秘することをお願いします。その上で、相手の立場に立ってみることから「信頼関係」が始まるのかも知れないですね。運営側にもこれに相当する大切な内部規定があります。運営側はサイト運営に関して、内部情報は開設当初より非公開としています。また、運営人はその活動で知り得た、他の運営人の個人情報、並びに運営側の内部情報を守秘します。運営人を辞しても当然のことですが同様です。これらを漏洩したり公にすることは禁止です。一般的にもごく常識的なことですが、これらを守秘しなければなりません。参加者のみなさんにお伝えするべきことは、共有情報としてサイト上で運営人一同名でお知らせします。運営姿勢07)をご参照ください。

そして、「個人の尊重」をいつも基本に据えています。掲示板では、ルール&マナーの範囲の中で、書き込み表現などは基本的に自由です。ただし自分を尊重するとともに、他者の尊重も忘れずにお願いします。対話は相手あってのものですから、程度問題はありますが、スレッドに則した対応を心がけてください。他者の権利の尊重のひとつとして、書き込み時に他者の著作権を侵害しないことが挙げられます。特に、他者の著作物の引用に際して、著作権、その他の権利を侵害しないよう、掲示板などへの書き込み参加の際には、掲示板のルール:禁止事項10)に最大限のご留意をいただく方針です。運営人コンテンツにおいても、運営人らによるオリジナルが原則であり、他者の権利関係を尊重・重視をしており、それを侵害するものはサイト掲載が認められません。引用に関しても著作権を侵害しない範囲で引用部分を明確にし、必要な引用元や参考文献を示す方針です。

06)波風の運営人はできる時にできるだけのことを

「波と風の広場」、通称「波風」では、共同運営は運営人が複数名いるから、サイト運営が迅速にいくのでは、という見方をされがちの面があるようです。しかし実情はそうでもないのです。運営には必要とされるさまざまな相談ごとや実作業や確認作業が発生します。わたしたち運営側は掲示板の運営をはじめコンテンツ構築まで、ひとつひとつの事柄をていねいに進めていきたいと考えています。時には、共同運営だから返って時間がかかる場合があると考えていただければと思います。加えて運営人にはそれぞれの体調や事情や生活があります。その点もご理解・ご了承いただければ幸いです。掲示版などは迅速対応を目指しますが、わたしたちは、その時々にできる限りのことを誠意を持って行なう、そういう方針で運営をしています。時間がかかっている時は少し見守ってもらえればと思います。

07)運営側からのお知らせ

運営人一同、参加者のみなさんとともに「波と風の広場」を続けていきたいと考えています。コミュニティサイトという当事者の思いを共有できる、助け合える広場の在り方に大きな価値を感じるからです。運営上のことで参加者のみなさんにお伝えすべきことは、日常的な掲示板上のことは掲示板で、その他、サイトリニューアルや新規コンテンツアップなどのお知らせは、トップページまたは掲示板上でお知らせを出します。掲示板の他に、時々に応じて「リニューアルに関して」や「コンテンツ」及び「波風通信」などにアクセスしてください。何か運営側へお問い合わせがある時は、まず「ルール&マナー」ページと、この「運営姿勢」ページをご一読ください。その上で不明な点がありましたら、「メール」ページの運営人共有のメールフォームをご利用ください。みなさんのご協力も大きな力になります。「波と風の広場」「ころんだカモメ」をよろしくお願いします。

波と風の広場の運営と管理の最終責任はミミが担います。最終責任者として発言する場合は、その旨を記事内に書き添えます。


| トップ | 運営姿勢 | ルール&マナー | ころんだカモメ | コンテンツ | 運営人紹介 | メール | リンク | |